2015年02月

小さい子供がいるとインテリアがどうのとか言ってられなくなる。。。


↓いい感じだったリビング。
P1040338.jpg

↓こんなになった。
IMG_3093.jpg

しかし、わずかに残ったインテリアにこだわりたい気持ち。
手が届かないようにするための、かさ上げ段ボールのセレクトに成功!
IMG_3092.jpg

素敵な物語を読んだ。
人物の気持ちに思いを馳せ、広島弁を味わいながら、ゆっくりゆっくり読んだ。
感動シーンで号泣というわけではなく、
最後のページを読んで本をパタンと閉じたら、じわっと泣けてきた。

IMG_3075.jpg
背景は1975年の広島。原爆投下から30年後。
この年の10月15日に広島カープは初優勝する。
(ちなみに私はこの年の10月14日生まれ。カープの優勝が見たくて出てきたのさっ)
原爆の爪痕が人々の心や体に深く残っている広島で、
創設から26年、ずっと弱小チームだったカープが奇跡のような戦いをしていく。実話そのまま。
その戦いに一喜一憂する広島に生きる人々の生き様が描かれている。この部分は物語。
でも物語とは思えないんだな。きっといたはずの人々。きっとあったはずの感情。
切なくて、胸が熱くなって、優しい気持ちになった。

なんだか気持ちが高ぶってしまい、カープのユニフォームを注文してしまった!
8000円!1ヶ月待ち!ハッハッハ!
大瀬良くんです。カープ女子がきゃあきゃあ言ってるかわいい若者だ。ミーハー?
いや、でもさ、息子にしたいような礼儀正しい良い子なんだよ大瀬良くんは(^_^;)

アマチュア団体の相撲の稽古に行ってきた!
相撲部屋みたいな立派な土俵とテッポウ柱のある素晴らしい相撲場でビックリ!

夫と娘も連れて行ったのだが、
「初めてなんですが、相撲をやりたくて。・・・私が。」と言うと、指導員の方がずっこけた。
相撲をやりたいのは39歳女子ですよ!!!
何故やりたいのですかと聞かれたので、経緯などをお話しした。
●フラメンコをやっているのだが、重心の低さが大切なので、お相撲にヒントがあるような気がして、大相撲を観ているうちにすっかりはまってしまった。
●妊娠、出産、子育てがあり、なかなかやりたい事ができなかったので、身体を動かしたい気持ちが溜まりに溜まってしまった。フラメンコを踊っても、何故かこの気持ちは解消できない。
●四股、すり足などの基礎をやりたい。足腰とバランスの強化はフラメンコにもプラスになるはず。
●怪我はしたくないので真剣な取組みはしたくないのだが、大相撲をさらに楽しめるような身体の使い方の体感ができると嬉しい。
指導員の方は「はい!わかりました!」と清々しいご返事!さすが相撲男子!
私の思いを100%理解し、120%の指導をしてくださった!

四股を踏んでおります。
テレビのお相撲さんを見よう見まねでやっていたあのモヤモヤが晴れていく。
キレイな四股が踏めるようになるまで、私、頑張る!
DSC02689.jpg

すり足です。
これまた難しいが、たまに体重移動がすんなりといく瞬間があって気持ちいい。
DSC02693.jpg

お写真ありませんが、テッポウ(柱に手でぶつかっては身体を離す動き)はそれらしい動きすらできなかった。
四股、すり足ができるようになってからのお話だ。

あー、すっきりした!
身体の使い方について、脳で理解し、身体で体感していく作業がすごく好きなんだ。
脳と身体が活性化した!
そして相撲の奥深さよ!!!

白鵬杯(小中学生の相撲大会@両国国技館)に行ってきた!
IMG_3013.jpg

参加者は800名以上!モンゴル、アメリカ、エストニアなど世界からも参加!すごい規模!
国技館の中は廻し姿のちびっこであふれかえっている。

子供達、がんばってたよ~。かわいいもんだ。
自分の番なのにスタンバイできてなくて、相手が不戦勝になるとかって、笑う!
IMG_3032.jpg

土俵上もおもしろかったんだけど、土俵脇で出番待ちの子供達がかわいかった。
四股をふんだり、ぶつかり稽古したり。
IMG_3008.jpg
小学生男子の尻をこれでもかというほど見て、妙に元気になったぞ。
何らか変態要素があるのかな、私?

↑このページのトップヘ