2013年08月

ちゅんちゅん、ちゅんちゅん。
ベランダでスズメちゅんが遊んでいる。
とてもかわいい。
とてもかわいいのだが、鉢の土をほじくるのはやめてくれ。周りが土だらけ。
土を戻してもまたほじくる。場所はいつも同じ、オレンジの花の鉢。
私の中で、イタチごっこという言葉は既にスズメごっこという言葉に変換されている。
そこで、ほじくる場所に石を置いてみた。効果あり。

が、しかし、今日またベランダでちゅんちゅんちゅんちゅん。
異常に興奮してる。異常だ、と思って眺めると、こんな光景が!
P1060029.jpg
ヤバい、かなりかわいい。
でも鉢の周りは土だらけ。
↓こんなにほじくってるんだよ。石が効果を失った瞬間である。
P1060021.jpg
しばらくそのままにしておくか。
ほじくる事が目的なのではなく、穴におさまる事が目的ならば、これ以上ほじくらんだろう。
好きなだけ、穴にはまってくれ。私はそれを眺めて癒されることにするよ。

【追記】
帰ってきた夫に「それはスズメのどういう習性なんだ?調べなくていいのか?」と言われた。
そりゃそうだと思い、ネット検索したところ、『砂浴び』というものだった。
羽についた汚れをおとすためだって。
柔らかい土があって、猫に見つかりにくい地面から離れた場所で、とか条件が揃っちゃったのかな。
ほじくりまくった初回が最も汚れが落とせたと思われるが、
今後どの程度利用するのかじっくりと観察していかねばならぬ。

先週は、長野と新潟の旅!いやー、楽しかった。

うーむ、旅の写真を見返してるのだが、バカバカしい写真が多いぞ。

真田家の街、松代にて。
仁王立ち、その1。
DSC01901.jpg

仁王立ち、その2。
DSC01902.jpg

ここは川中島じゃ。
おのれ、信玄!
DSC01906.jpg

まあまあ、落ち着いて。
DSC01904.jpg

はーい、善光寺。
DSC01908.jpg
本堂内部(撮影禁止)が極楽っぽくておもしろかった。
菩薩さまを眺むるダダっ広い畳の間で昼寝をしたかったが、
坊さんに怒られそうなので諦めた。

旅行時は、1日1ソフトクリームまでは良しとしている。・・・恍惚。
DSC01918.jpg

その土地の回転寿司は外せない。地魚を喰らう。
DSC01923.jpg

新潟の鵜の浜海岸という小さな海水浴場に行った。
その夜、花火大会があった。聞けば10分で終わるという。
期待してなかったのだが、終わってみれば涙腺ゆるむほどの感動!
10分という凝縮した時間が良かった!
どんどん大きくなりどんどん盛り上がってゆく。まるでフラメンコのように!
写真では伝わらんな!すごかったんだよ!
P1050980.jpg

糸魚川。
まずは、セメント工場へ。昔、仕事で訪問した時に感動した光景を再び見るために!
当然スケッチ!
P1050986.jpg
背後に石灰岩で出来た黒姫山がある。切り崩してセメントにしてるのだが、
昔はこのアングルの部分を崩していて冬でもないのに真っ白い山がそびえていたのだ。
今は、違うのね。切り崩していたのは側面だった。ちょっと残念だけど、絶景には変わりなし。

そして、糸魚川‐静岡構造線を感じられるポイントを目指す。
観光地としてジオサイトと名付け、24か所を指定してあるのだが、
こんなに解釈の難しい観光地は初めてだ!
モーセの十戒の海が割れるシーンのように、わかりやすい構造線があるわけではなかった!
最もメジャーっぽい断層に行ったのだが、石垣で固めてあって、
「ココが境目でーす!」みたいに白線が引いてある。シラケる2人。
DSC01950.jpg

もともとは海底だったという地層。これはなかなか。
DSC01951.jpg

夫が今までで一番似合った顔出し看板。
DSC01953.jpg

白馬。
ロープウェイで楽に高山植物エリアにたどり着ける。おじさん達は花の接写に余念がない。
わたしらなりのハナの接写を試みる。
DSC01968.jpg

迷惑そうな子供に絡みまくる。
DSC01964.jpg

標高1600mでダブルピース!
DSC01962.jpg

カープファンです!っていうのもおこがましいくらい遠ざかってたけど、
20年前は良く応援に行ってたのよ、神宮。
カープの試合が見たくて、ビールの売り子のバイトもしてたくらい。

ふと気づくと、今のカープ、若くてかわいい選手が結構いて魅力的なチーム。
(かわいいってところに20年の歳月を感じるんだけどね)

始球式はガチャピン!
P1050916.jpg
花火があがる神宮!切れてるけど。。
P1050925.jpg
試合は乱打戦を制したカープの勝ち!!!
立ったリ座ったりの超ハードなカープのスクワット応援、久々で楽しかった!
夫が付き合ってくれたわけだが、「応援はカープが一番楽しい」ってさ~。

↑このページのトップヘ