2012年10月

20年ぶりくらいかな、プールでクロールなんて。
小学生の頃、息継ぎがうまくできず、泳いでは立ち止まってを繰り返していた。
しかし私は大人になった!
「こうやりましょう」と言われた事を身体に反映させることは上手くなってるはずッ!
「初めてのクロール」のクラスでやり方をきちんと教われば、
『ははーん、そういうことだったのね~』と、出来るようになるはずッ!

午前中の「初めてのクロール」クラスはおばあちゃんばっかり。
泳ぎ方の指導のところで、「力が入り過ぎ!」と言われる。
あー、これ、いつもクラスで私が生徒に言ってることだー。
抜こうと意識しても、3秒後にはもう力が入っちゃう。ムズカシイ。。。

そして、息継ぎの指導。「顔を上げ過ぎないで!」と言われる。
なるほどー、腕に顔を添わせるようにね~、あ、あれ?口が水面より上に出ませんよ。
どーなってんだ、こりゃ。
そして先生、「あとはタイミングですね」。
でたーーー、突き放したようにも聞こえるこの言葉。
でも、自分が先生の時、言ってしまうよな、「あとは自分で探して」みたいな事を。。。

クラスの後、一人で練習してみたが、やはり口が水面から上に出ない。
私の様子を見ていた親切なおばちゃまがやはり言う。「タイミングよ」と。
そこで、クラスで上手くできなかったボビング(水中で吐いて水上で吸いながら
上下運動すること)を繰り返す。
その後またもクロール。正解のタイミングにやや近づいたか。でもまだうまくできない。。。
とこんな調子で今日は終わり。
劇的な変化はないわけで、果たして泳げるようになるのか。。。いやいや、まだがんばるよ。

あ、もう10月だ。うかうかしてるとあっという間に年の瀬だぞ。
えーーと、2012年ってどんなだったかな。

どこに提出するわけでもないmy履歴書ってなんとなく心の中に存在したりしてない?
『2012年:相撲にはまる、ベランダ菜園を楽しむ』
って、なんか、地味だな。
『2012年:体力が今まで思っていた以上に大事だって気づく』
みたいのもある。
体力がつくと踊れるし、体力が落ちると思うように踊れなくなるって体感したんだよね。
踊りの練習してるだけじゃダメだな、って。
にしても、『~に気づく…』って、中途半端だよな。
『2012年:積極的に体力をつけるようになる』にしたいよな。
あと3か月あるし、できるんじゃないの?

と、このような思考を経た結果、スポーツクラブに行くことにした。
まず、受付で趣旨を話す。
「第一に走りたいです、第二に泳げるようになりたいです、
第三はえーっとまぁクラスとか受けてみるのもいいかな」と言う。
今日は、とりあえず、走ってみた。
ランニングマシンね、初めてじゃないんだけど、あるよね、恐怖。
うっかり妄想でも始めて、一瞬ポヤーとしてしまい、
後ろにスッテーンとなったらどうしようっていう恐怖ね。ああ、怖い怖い。

そして、明日は、「泳げるようになりたい」をかなえるべくスポーツクラブに行くのです!
そう、ワタクシ、ろくに泳げないのです!
「初めてのクロール」というクラスに参加し、一気にコツをつかんでしまう予定!
まだ行ってもないのに、ここに宣言してるのは、
「やっぱ行くのやめた」にならないように、自分を追い込んでいるのです!
あーーー、緊張する!!!

『2012年:泳げるようになる』って書きたいぞ。

↑このページのトップヘ