2012年01月

最近、NHKのBSにはまっている。面白い番組がいっぱいある事に気づいたの。
世界のドキュメンタリーとか。マニアックな旅番組もあるし。
変な時間にやってるから、録画しまくるの。

で、昨日、録画しておいた番組を見た。
格闘家のニコラスペタスが相撲部屋を訪問し、稽古をつけてもらうという番組。
力士の身体作りに感動し、『四股は最高の筋トレだ!』とすっかり盛り上がった。
柔軟性、筋力、バランス力が必要。
そんな四股の真似事をたっぷりした。

今朝目覚めたら、首が痛かった。四股のせいか?
ストレッチを入念にしたら、だいぶ良くなった。
自分で対処する方法を知らず知らずのうちに習得してるのかな。
夜のタブラオの荷物を背負い、アンドレスペーニャのクラスに行った。
他にも首が痛いと言ってる人がいた。
アンドレの歌うソレアは沁みる。
もっとリラックスできればいいのだが、ついつい力が入る。そのせいかな?

クラスが終わって、ソレアドに向かう。
なにしろ、ティエントを初めて踊ろうとしていて、朝からザワザワしまくっている。
電車でイメトレを繰り返す。
と、ひとつ発見!
正確にイメージ出来ない部分が、よく間違えるところなんだ!
最低限イメージを正確に、だな。

さて、ソレアドに着いて、合わせスタート!
あわあわで間違えまくりの真っ青な出来。これにはパニック。
頭がぐるぐるしたきたので、もう一曲のアレグリアスは合わせなくていいと言ったら、
歌い手のまりちゃんが、「じゃあ、ティエントもう一回やる?」とな。天使ちゃんだ!
そんなこんなで、なんとか皆さんに助けていただいて、本番も踊り切れました。
やー、しかし、みんなのフラメンコがスゴくて、
その場にいられたのは、とても幸せなことだったけれど、
「踊り切れるのか、崩壊するのか」って次元の自分にいやんなっちゃったな。
さー、寝よう寝よう。

身体をもっともっといい状態にしたいな。
年齢とともに身体機能は落ちるってイメージがあるけど、
それは何もしない場合、もしくは一流のスポーツ選手の場合ではないかな。
一流選手はすでに自分の身体の向上を極限まで突き詰めているからね。

ワタクシはというと、踊り始める18歳までは何の運動もしていなく、
初めのうちは身体に向き合うこともなく生ぬるく踊っていて、
昼間の仕事をしていた時は夜の時間だけしか運動していない。
まだまだ伸びしろだらけの身体でしょ。

ということで、現在、ワタクシ、筋トレブームの真っただ中であります。
腹筋、背筋、スクワット。ストレッチを間に挟みながら。いい調子であります。
毎日やるのがいいんだな。
常にほぐれている。
いや、『常に』は言い過ぎだ。
冬なので、起き抜けは硬い。寒くて寝返りが少ないせいで、身体が固まっている。
でも、少しストレッチをすると、本来の状態に戻る。その戻り方が早い!
おもしろいよねぇ、身体。

お正月も三が日を過ぎると、世の中がむくむくっとやる気に満ちだすのを感じるよ。

処理しきれないモヤモヤは、寝ちまうことで、翌朝にはコントロール可能なサイズに縮減する。
そのでっかいやつが、年が変わる時に起こる。
お正月の静かな空気の中で、ポジティブなリセットボタンを押下!

今年の抱負、、、というよりか、イメージというべきか?
それは『熱っぽい人』。
表面上は穏やかであっても、中で血がどくどく流れているかのような熱がみなぎっている。
フラメンコを通してつくづく感じるのは、
体温の上がる瞬間と冷える瞬間があること。自分で踊っている場合もそうだし、観客の時もそう。
「好きだー」と思う瞬間と、熱っぽくなる瞬間はイコール。
「上手だな」と思っても、うらはらに身体はどんどん冷えることもある。
それは、熱の交感をしているかしていないかって事なんだと思う。
フラメンコに限らず、人と人が一緒にいる時はすべてだな。人と動物でもそうだな。
熱の交感をしたい、と強く思う。それが、イメージ。

今日は、初詣!
DSC00781.jpg
自転車乗って、鬼子母神に行ってきた。
DSC00780.jpg
お坊さんが、本堂の奥で、めちゃくちゃかっこいいリズムを奏でている!
木魚よりももっと高く澄んだ音で、何しろ速い!
そしてリズムはころころ変わる!かっこいい!
調べたら、木の箱をバチで叩く『木柾』というものらしい。いやいや、たまげた。

↑このページのトップヘ