2010年07月


フジロックフェスティバルで踊れるお仕事をいただきまして、
テントとバンのエリアでは「ヒターノ!」と、
ハバナ風の会場では「フェリアデセビージャ!」と、
カルロスさんが盛り上がっております。

パトリシア・ゲレーロのクルシージョを受けている。
以前からYou tubeで見て、ゾクゾクしていた。
見た目はかわいいお姉ちゃん。
若いので、クラスでも全力で踊ってくれる。
それがもう、めちゃくちゃ上手い!緩急が絶妙!!気持ちいい!!!
身体の内側に良質の肉が詰まりに詰まってる感じだ。
ここのところ、大御所達の『芸』の部分に興奮する事が多かったが、
久々に若者の『技術』に素直に興奮している。

練習しよーーっと。

夜中の小石川後楽園の脇っちょの道で、
顔に白い縁取りのあるスリムな狸みたいな動物を目撃!!!
ちょいちょい追っかけて写真を撮ろうとするも、
チラチラこちらを見ながら逃げてゆく。

なんだ、なんだ、なんて動物だ?

調べる。

ほぉーーーー、ハクビシン!
東京の真ん中にも住んでいるのだね!


数日前に引越をした。
一夜漬けタイプなもんで、こういう時もギリギリでドタバタっとなる。
引越当日は戦争状態。神楽坂からのお別れにキュンとする暇もなく。

そして、今日は引き渡し。
空っぽの部屋にノスタルジィーーーー。

クラスでタラントをやっている。
タラントは、歌との係わり合いが濃いので、歌を真剣に歌わないと、踊りがきちんと踊れない。
例えば、アレグリアスなら鼻歌くらいでもクラスの振付はできる。だが、タラントは無理だ。

なので、歌を必死で覚えている。
そして、『踊りながら歌う』ってのを練習している。

1つ目の歌が終わって、しばらくのほほんとしていたが、2つ目の歌に入ってしまった!
2つ目の歌、1つ目にさらに輪をかけて難し~い。

んでも、『踊りながら歌う』の高揚感といったら、それはそれでヤバい。新境地である。

★一日目
下絵を描いて、
P1020530.jpg

彫って、
P1020532.jpg

型で黒の輪郭を作って、
P1020537.jpg
あ、もう夜。。。
アレー、寝ようとして目をつぶると型紙とカッターが眼前に浮かぶ~

★二日目
ひたすら彩色、
P1020540.jpg

蒸す、
P1020545.jpg

洗う、
P1020546.jpg

出来た!!!
P1020547.jpg
あ、やはり夜。。。
アレー、視界に入るいろんなものが模様に見える~

こうして土日は過ぎ去ったが、たいそうな満足感を得たのであった。

より、詳しい工程はこちら↓
http://www.naefactory.com/2010_07_03_4tokobetukouza/2010_07tokubetu_naka.html


2日間の型染め合宿。
初体験だが巨大サイズに挑む!
明日は色付け♪

中華屋で、
すっごい考えたうえで肉細切丼と肉青菜スープを頼んだ。

皿が運ばれてきて思わず叫んだね。
「具がおんなじィーー!!!」


干物作ってる。


あ、蝿だ。

いや、むしろ、蝿だらけにならない事のほうが不思議だ。

↑このページのトップヘ