2010年06月


飯田橋駅のところに暗渠チラ見場所があるよ。
亀やら鯉やらうじゃうじゃいるよ~。
(見えないけど少なくとも10匹は写っている!)

とうとう行っちゃった♪
憧れのうなぎや、江戸川橋の石ばし!

座敷に通されキュンキュンしながら待つこと45分。

キターーーーッ!


ひぃーーー!!!



『病は気から』みたいな発想で、
『うなぎ食べたら元気になるに決まってるじゃん』みたいな観念があり、
このおかげで、何度も救われております。
疲れがふっとんだり、激務を乗り越えたり。

以上、私とうなぎ様の素敵な関係でした。

ちょいと先ですが、
いやいや、ちょいと先だと思ってたことが、あっという間にやってくる今日この頃、
11月3日なんて、あれやこれやと人生の難局を乗り越えているうちにすぐにやってくるはず。
ん?人生の難局って??いやいやちょっと言ってみたかっただけだよ。

そう、11月3日(水・祝)の夜に新宿のエルフラメンコで踊ります。
熱い、熱い、熱すぎるメンバーです!

じゃん!!!
G:金田豊、小原正裕
C:石塚隆充、有田圭輔
B:鍜地陽子、えんどうえこ、島村香、中谷泉

チケットのご希望の受付をそろそろ始めますので、
「行きた~い!」というお方は、私まで連絡ください。
チケットは5,000円(1ドリンク、タパス付き)です。
予約順にお席が決まりますので、お早めにお願いします。

もうすでにね、合わせものの練習をしていてね、それがとてもカッコイイのよ。
とっても元気で、画面からはみ出しそうな感じなの。乞うご期待!!!

以前、行商人のおじさんが渋谷のロフトで北見のハッカ油を紹介していた。
季節は花粉症シーズン。
「鼻の周りにつけるとスースーしますよ」と。
オールシーズン鼻炎気味の私は、試しに購入。
早速つけたが、ものすごいスースーするので、びっくりし放置。

そして季節は夏直前。
暑い暑い。
こうなるとスースーは魅力。

首やら腕やらにつけると気持ちが良い!
そんでもって坂道を自転車でぴゅーっっと下ったりすると、
風が体内を通り抜けていくようで、あー極楽!!!

虫除けにも効くって♪

エスペランサに来てくれた皆様、ありがとうございました!!!

自分の足りないところをいくつも発見し、収穫でありました。

終わった後、「目がスゴイ」って何人かの方に言ってもらったな。
「侍のようだ」とも。 ←この表現は内心かなり嬉しい!
どうも目力があるようで。。。

先日も、、、
居酒屋でビールを飲み干して、店員さんにナチュラルにグラスを返したら、
「もう一杯ですか?」と言われた。。。
すごい目力でグラスを渡したらしい。・・・が、無自覚。

クラスでもたまに言うけれど、
目線も、曲種や場面場面で使い分けるのです。
目線の方向や高さだけでなく、
鋭く見たり、ぼんやり見たり、焦点が近かったり遠かったり、と。

しかし、日常生活で使う場面を間違えるわけ。
ビールのおかわり出てこないように、ぼんやり目線でグラスを返そう♪


図書館をぷらぷらすると、やけにおもしろい本に出くわす。
普通の本屋では出くわさないような、掘り出し本に出くわす。

で、こんな本があった。

1863年に第14代将軍徳川家茂が京都に上洛した時に、
浮世絵師総勢16名を連れて、道中の模様を描かせた。

圧巻の大行列!
絵師魂に火をつけるような光景だ!!
もし、江戸浮世絵師だったら、絶対連れて行って欲しい!!!

橋を使わない川の渡り方がいろいろあるのね。
・小舟に人や馬を乗せて運ぶ
・小舟を横向きにずらっーっと並べて橋にする
・裸男が御輿を担ぎ偉い人を運ぶ

当時、イタリア人のキヨソーネさんが収集し、ジェノバの美術館に残っている浮世絵とな。
浮世絵は海外にたくさん流出してしまっているけれど、
それに触れることで日本という国に興味を持つ人は多いだろうな~。。

来週、6月18日(金)に高円寺のエスペランサに出演しま~す!
メンバーは、後藤めぐみさん、阿部碧里さん、尾藤くん、小里ちゃん、とてもステキ。

わたくし、大好きだけれど、すごく難しく、試行錯誤を続けているソレアポルブレリアを踊ります。
なんとなく、ソレアポルブレリアのソレア的部分がわかりかけてきたような。
勢いだけじゃない、、静かだけど熱い部分。
でもって、スカートよりもしっくりくるパンツスーツで男前をアピールします。

それでそれで、これがスッキリしたら、完全なる新曲を作るんだ!
何年ぶりでしょーか。公言しないとやらなさそうだし。作るぞ!!!
ふふふ、ティエントタンゴがいいな♪

10名ほどの男子が、
おのおの、ひげやら胸毛やらギャランドゥやらの毛をカミソリで剃りながら、
私の周りを囲んでいる。
「何これ?サービス??」とか言ってる私。
BGMはパコデルシアのタンゴ。

・・・あ、夢か。
アホな夢みるな~、私。

・・・うう、眼が半分も開かない。
太陽が眩しすぎるゼ。

そんな朝。
ダメな一日が幕を開ける。

↑このページのトップヘ