2009年10月

いやあ、凄かったね、10月後半。凄いの今日で終わっちゃったよ。終わっちゃった。

10/19にディエゴカラスコのクルシージョを受けるところから始まる。ずっと口あけて半笑いで見てたよ、ディエゴの事。ちょっと歌ったり、ちょっと踊ったりするだけで、みんながHAPPYになっちゃうって神技だよな~。

10/20はエバですよ。研ぎ澄まされていた、何もかも。エバはゼロの瞬間を創れる人だ。本当の静寂を。いつもの普通の空気が漂っていた空間が、彼女から発せられる気で澄み渡る。ゼロの感覚。・・・ついでなので言うと、イスラエルのゼロは凄いよ。

10/28はエルフラメンコの水曜企画の大塚友美さん。友美さんが「フラメンコってこういうものじゃない」と言ったその舞台は、ファミリアの愛情であふれていた。幸せな気持ちでいっぱいになった。

今日10/29は、石井智子さんの公演。ディエゴカラスコがさ、王様みたいだったな。日がな一日、歌い、踊り、弾き、フラメンコ遊びに興じている、そんな王様。統治できずに国はボロボロ。王様のせいだー。でも、王様かわいいから許す。そんな感じ。
20091029224957
王様はブタのTシャツ着てた。

20091029222312
うなぎが好きなんよ。
小学生の時に初めて食べてから不動の1位!

昼は自転車で神保町行ってうなぎ。

店のしつらえが何十年も変わってない感じで、うなぎ食べながら脳みそトリップ。
今の時代も漱石の時代とたいした変化はないかもね。
戦時中、戦後、高度成長期、そのどれよりも、漱石の時代の方が近いような気がする。

20091029222318
はぁ、ここに立ってるだけでお茶碗1杯いけるわ~。

宮城道雄記念館に来ていただいた皆様、ありがとうございました!

カンテの瀧本さんとの初めて共演。観客として見ている時に感じる凄さと、共演して感じる凄さは違うんだな。非常に刺激を受けたので、せめて1ヶ月、山ごもりして集中したい気分。日常生活を送りながら、心は山ごもりしますのでよろしく。

最近、ちょっと怖い考えが頭を占めている。

”人は、満たされた状態、憂いのない状態で
果たしてフラメンコを踊れるのか(唄えるのかでもいい)”

フラメンコはジプシーやアンダルシアの人々の貧窮の中から生まれた芸術だ。

自分自身の場合で考えると、現在の状態は『まあまあ幸せ』だ。
不幸だなんて言ったらバチがあたる。
でも、さらに取り除きたい事柄を取り除き、足りないものを補い、
『かなりの幸せ』を感じたとしたら、
もしかしたら今の感覚ではフラメンコを踊れなくなるかもしれない。
それは嫌だ。生きる感覚から遠のくようで。
より満たされたのに、『生きる』という行為から離れてしまうのか?

(難しくなったので、ちょっと席を離れ、さらに考えて。。。)

・・・今日の結論。
人は生まれながらにして、心の中に憂いを持っていると思う。
ただ、その憂いと対峙することをうやむやにしてしまったり、
ざわざわした日々の中で対峙の仕方がわからなくなったりしているのではないか。
相当の覚悟と鍛錬をもってして、ようやく対峙できるのではないか。
心に憂いを持ち続けていれば、実生活の状況に左右されずに踊り続ける事ができるのではないか。
覚悟と鍛錬だ。

午後4:30:東銀座の鎧のディスプレイとその建物に釘付け
午後6:30:丸の内の貸し自転車に驚く
2009101922583320091019225830

アルハムブラに来ていただいた皆様、ありがとうございました!
今日のメンバーは、私の大好きなとっても真面目な人々が集まった(てゆうか集めた)ので、
楽しみでした。(勝手に「私のために集まってくれてありがとう!」みたいな心境に)

阿部くんと亮くんは、「君達は夫婦か?」っていう絶妙の空気の繭に共に包まれていて、
合間の時間、阿部くんが歌いだすと亮くんがポロロロ、亮くんが弾きだすと阿部くんがアイー。

そして本番、それはそれは真面目な空間になりました。
尚さんの、決して狙っているのではない自然な流れが創りだす心地よさ。
要所要所でドキッとするようなフラメンコをみせてくれる朋ちゃん。

真面目といっても意味が広いので、私の好きな真面目の要素を考えてみる。
・決して器用ではないが、コツコツと取り組む
・好きな事、気になる事を徹底的にやる
・目指す地点がはるか遠くにある

人間性は、
・チャラチャラしてない

具体的に日本人がフラメンコに取り組む場合の事に限ると、
・『やりたいのはこういう方向の事で、いろいろ勉強を重ねている過程で、今の自分だとこういう表現になる』ということが透けて見えるような踊り
・内側に溜めるエネルギーと外に向かって放出するエネルギーの良いバランス


話は変わりますが、10/17~11/3まで、神楽坂ではまち飛びフェスタというイベントがあり、
そのひとコマとして、10月24日(土)の14時~、宮城道雄記念館でライブをします。
お席はもう少々あるようです(要予約)。よろしかったら、神楽坂散策のついでにどうぞ。
20091017010601
街にいっぱいチラシが貼ってあるよ~。

三連休はずっと自転車乗っていました。
土曜日、背高のっぽのミゲルにママチャリを貸そうと恵比寿まで走らせた。
ミゲルがハイテンションでまたがったのもつかの間、ひざがハンドルにあたって自転車が漕げない、という悲しい結末。仕方がないのでそのままその日の用事のポイントポイントをすべてママチャリでこなす。あー、でも、道を移動するといい事あるよ。理想的なダウンコートを見つけたり、満腹でのしのし歩いてるオトラいずみ(友人)を見つけたり。

日曜日、図書館行くべ、ランチ行くべ、クラス行くべ、映画でも観るべ、都度自転車。

体育の日、ペパのクラスを受けるため神谷町のスタジオへ、余裕で自転車。
東京タワーを久しぶりに近くで見たな。飯倉の交差点はうねうねしてておもしろい地形だな。
狸も出るってよ。恐るべし東京。

先日、練馬区の畑調査をしましたが、他の区も同じようにテーマを決めて調査してみたいな。
23区もあるでしょ、毎週実行しても半年かかるって。

オーレオーレに来ていただいた皆様、ありがとうございました!
今日のライブを一言で言うと、”楽しかった”。

初めて出演するお店、
初めて共演する踊り手さんとの新鮮な空間、
踊るうえでの気持ちの充実、
昨日自転車に乗りすぎたせいか足はいまいち動かず・・・、でも気持ちは消えなかった、
盛り上がるお客様、
美味しい料理、
間の取り方がうますぎる店長。。。どれもこれも素敵。

月曜からタブラオっていうのもいいんじゃな~い?

↑このページのトップヘ