2008年03月

明日から新年度。
動物は寒い時期よりもあたたかくなってくる時期の方が、やる気が満ち満ちてくるから、このタイミングで決意を新たにするのは、理にかなっているよね。きっと。
新たにスタートするクラスを楽しみながらがんばる、身体の左右をもっと均衡にする、筋肉レベルでの柔と剛を意識する、新しいヌメロにチャレンジ・・・それから~、パリージョを練習するというテーマもあるな。
私は身体の割りに手がでかい。
よって、ちょっと大きめのパリージョを手に入れてみた。右がいままでので、左が新しいの。
大きい方がうまくおさまる感じ。結構違うもんだね。

20080331230200

20080329234654

モノを買うとき、なるたけ国産のものを選ぶようにしている。そうはいっても、企業やブランド名の買収があったり、原材料達のお国と作られたお国とがさまざまだったり、と、一つのモノができるまでにかかわった民族の種類はおそらくたくさんあって、パッケージや社名から推測する国産比率がどの程度正確なのかは疑わしい。が、それでも、基本は、より日本濃度が高いものを買うのだ。
さて、今日はナポリタンが食べたくてケチャップを買った。残念ながら、カゴメよりハインツが断然安かった。239円と169円だったか、そのくらい。これでは仕方がない。ハインツを買う。

ここからデザインの話に移る。この「サカサなので最後まで気持ち良く使えるね」という配慮は、高付加価値とまでは言えないかもしれないけれど、日本人は結構好きなはずだ。使いやすさへの心配りが好きなのだ。スペイン人が「日本の食べ物のパッケージはどれも開けやすくて感動する」といっていた。確かに、初めて”こちら側のどこからでもあけられます”みたいなメッセージの書かれたどこにも切り込みのないパッケージに遭遇した時は、びっくりして、”本当にどこからでもあけられるか”を確認したもんな。
で、逆さまではよかったのだけど、「ああ、やっぱりな」と思ってしまったのが、いざ使おうというその瞬間に訪れた。
フタがごつくて硬いのだ。
フタ部分を爪をひっかけて開けようとすると、爪がまけるのだ。
欧米人のごつい指とは違うのだ。
爪内部に赤い斑点ができてしまった。

国際化というのか?街の風景が似通ってくるように、民族間のデザインの相違はどんどんなくなる方向だ。でも、こういうほんのちょっとしたところに、「やっぱ違う」というのがお互いに残っていくのだろうな。

20080329125626
今年気付いたんだけど、都心の桜は花ごと舞い散る、というか落ちるのね。街路樹の桜がね。
新宿御苑の桜はきちんと花びらが舞い散ってたけどね。
どしたのかしらね?

20080328220121 20080328220119 20080328220117

新宿御苑は最高だな~
桜の枝が地面すれすれのところを狙ってレジャーシート!!!
あー、極楽極楽。

20080328220115

極楽ついでに、映画観てみる。ハビエルバルデムの表情が怖いけどどこか笑える。
おじさんが大金をゲット、でも追われる、そして逃げる、追う奴の方が何倍も上手。
という、なんてことないストーリーだけど、2時間超、心臓バクバク!これまた上機嫌。

さらに極楽ついでに、整体に行き、仙腸関節をあーだこーだしてもらう。
何か違う感覚かも~~~
明日からの踊りが楽しみ!ってことでまたまた上機嫌。

20080325125234

猫の胴体はやわらかい
猫がフラメンコ踊ったらおもしろいな
踊らせたい動物考えてみよっ。
1.バンビ(足がうり・・・ひたすらエスコビージャがみたい)
2.手長猿(謎のマルカール・・・アレグリアスがみたい)
3.コブラ(うねったり、舌だしたり・・・シギリージャがみたい)

20080325125232

垂れ桜は一足先に満開

4月から、水曜と木曜の夜に初級クラスをスタートします!
それから、人数が集まり次第、金曜夜にマルカールクラスと中級クラスを始めたいと思います!
詳しくはHPをご覧ください。

なんだか、ぐぐぐぐっとくるライブをたてつづけにみちゃったよ。なわけで、ちょびっとだけレポート!

まーず、水曜日の大塚友美さんの熱風一夜!
友美さんは熱くて爽やかな風だ!
自然体なんだ。時にぴゅーーーーっっと、時にぞわぞわっと、かと思うとそよそよっと、くるわけだ。
ゲストの中田佳代子さんもこれまた、溢れ出ていて好き。7月の楽屋の共演が楽しみだ。楽屋、もう一人は鍜地陽子さんだからね、エネルギー爆発系の人だらけだからね、楽屋の壁をぶち抜く気でやるよ!!!

そーして、木曜日は高田馬場のファミリアに行った!
小林亮くんセレクトの絶妙なメンバー!えこさん、やっちゃん、尚さん、小里ちゃん。
えこさんは、去年何度か共演できたのだけど、前から見るのはやっぱ違うな。
ものすごく直接的に伝わってきた。いや、伝わるというか、子供時代に帰って一緒に遊んでいる感覚。子供特有の、楽しくてしょうがない感覚とか、時には残虐な言葉を浴びせあうような感覚に近い、ダイレクトな状態。

いずれも、客席から見ていて共通して思えることは、これこれこういうスタイルのフラメンコを見ている、とか、これこれこうしたい感じが伝わってくる、とか、そういうレベルではなく、”今私はそこにいる彼女自身を見ている"と言える!そこがサイコー!オレ!!!

20080316184658
ギンレイで、ファンタジー系スペイン映画やってる~と何の心構えもなくボケボケしながら行ったら…
痛い!エグい!むごい!
ああびっくりした。
それならそうと、ちゃんとポスターに書いといてよ!構えていくからさ。

↑このページのトップヘ