テレビ見た。
ま、見る番組っていったら、ブラタモリかタモリ倶楽部かってとこ。
今日は木曜なのでブラタモリ!
外堀をブラタモリしてた。

いやー、テレビ番組でこんなに興奮したの何年ぶりだろ!

江戸時代の外堀工事の規模の大きさといったら!
そして今じゃ、踏切なしの鉄道に一役、地下スペースとしても一役!
それからそれから、私の心に沁みこんだ懐かしい風景!胸がキュンとしてきて、もう!
この感じ、そうだ!
これは「青春」っていうやつだ!
30代のね。
30代にも青春あるよね。

半年前まで、4年間、毎日毎日外堀沿いを行ったり来たりする生活。
大好きだったから、わざわざたくさん往復するような行動していたな。
家から急な坂道を自転車で下ると、
眼下に大量の水をたたえたお堀が、晴れの日にはキラキラと、曇りの日はどっしりと。
その脇を水面すれすれに走る総武線、
運がよければ水鳥が、桜の季節にはピンクの雲をつっきるかの如く。
高低差、色彩、都市の中の自然、とにかくダイナミックなんだ!
こんなにキュンとするんだから、これはやっぱり青春だ!

これからも青春できる風景を求めていきますっ!

あー、最近のちょっとした青春といえば、
庭木にくる野鳥をベランダから眺めることなんですけど。
って、やけにジジ臭い青春なんだけどさ。
そいつをマジマジと観察したくて、1万円もだして双眼鏡を買ったのさ。
で、一度、気になる鳥を観察してさ、楽しかったんだけどさ、
「ん?まてよ?これじゃ、向かいの家を覗いてるみたいじゃないか!」って気づいてやめたの。
一万円の双眼鏡、もっと活用したいです。。。