21e31265.jpg
7a3e7415.jpg


20071112001540

建築家泉幸甫氏設計の泰山館を訪れた。40歳頃のエネルギーに満ち満ちた頃の作品で、楽しくてしょうがない感じで夢中で作ったんだろうとひしひしと感じた。
人が夢中で何かを作り上げる時のエネルギーがそのままモノにのり移ることを多いに感じ、それが形となって残ってゆくことに感慨深くなりました。
踊りって、その場限りだし、その、今しかない感じがとっても好きなところではあるのだけれど、残していく事への責任みたいなことを考えなさすぎる癖がついてしまうのかなぁ。。。