どのように踊りたいのか?いつも問いかけている。
ムイフラメンコでペソのあるダイナミックな踊りがしたい。
ムイフラメンコに踊るためには→観る事と聴く事(むー足りてない)
ペソのある踊りのためには→はい、四股踏んでます!
ダイナミックに踊るためには→ふたつ思い当たる。
①必要な筋力があり、身体がよくほぐれていること
②迷いなく動くまで身体に浸透させた振付を100とすると、それが120を超えるように少々やりすぎる。そのためにはいっぱいいっぱい反復し100を作らなければ、ダイナミックな120は出てこない。(これはあくまでも私のイメージであり踊り手のみなさんはどのようにお考えかお話ししたい気持ち)

さて、次回ライブ予定は8月26日(土)サラ・アンダルーサです。タラントを踊ります。
いっぱい練習するぞー!と言いたいところだが、ぎゃーーー夏休みが迫ってる!元気もりもり3歳児が毎日家にいる!練習は?反復は?120は?ここは超勤勉に隙間時間を見つけてがんばる!

共演の方々が素晴らしいです!モイとパコは3月にも共演させてもらったのですが、産後復帰のド緊張で彼らのエネルギーを楽しむ余裕はなかったので、8月は気持ちよく感じられたらなあ。鍜地陽子さんはコンパス感と強さに説得力があるのでぜひぜひ観てください!田倉京ちゃんは私が次女を出産した一週間後にご長男を出産され、私生活からフラメンコまで励まし合う大切な同志であり舞台での共演は胸いっぱい。正路あすかちゃんはお互いまだ20代の頃に同じ教室で学んでいたにもかかわらず初のタブラオ共演、力強い踊りをみせてくれるのだろうと楽しみ。小谷野宏司さんは初めてなのですが、写真からも伝わるように粋な踊りをされる若い男子とのことでこれまた楽しみなのです。

【日時】8月26日(土)12時開場、13時開演
【チケット】4,000円
【出演】C:モイ・デ・モロン、G:パコ・イグレシアス
    B:鍜地陽子、小谷野宏司、正路あすか、田倉京、中谷泉
☆チケットは手元にございますので「行きたいよー」という方はご連絡ください。
B5_170826昼_5EstrellasFlamencas

ヒカリエのギャラリーの前を通りかかったら私のセンサーがピコピコ言い出したので足を踏み入れた。
奥能登国際芸術祭2017開幕直前展なるものだったのだが、そこにコスプレし放題のすごい装束があった!
奥能登のお祭りの衣装だそうで、もろ化粧まわし!さすが相撲の盛んな石川県!
IMG_3531

着せてもらった羽織は早々に脱いで、横綱土俵入りごっこですよ!
スカートじゃなきゃ四股を踏むところなんですけど!無念!
IMG_3535
能登、一気に行ってみたくなった!相撲少年がゴロゴロいるのだろうか?

5月26日の中目黒でのチャリティーライブの写真をフラメンコ愛好家の川尻敏晴さんに撮っていただきました!嬉しいなぁ!と、同時に己の未熟な部分を見つけてしまう数枚もありムググーとなりました。振付を仕上げたタイミングなどビデオでチェックは頻繁にしてるのだけど、動画では気づかない部分を写真で気づく、おもしろいねぇ。

さて、何枚かご紹介。ティエントを踊りましたよ。

↓うしろにいる2人の顔が好きだなあ
20170526_100_02
↓必死だね
20170526_100_09
↓こういう普通の顔の写真の方が希少(笑)
20170526_100_08
↓これ好き
20170526_100_12
↓ワタシ、ニホンゴワカリマセーン
20170526_100_16
↓まだまだ修行がたりない。腹使いが中途半端。
20170526_100_17

先週、次女が発熱&痙攣。慌てて近所のクリニックに行くと、大きい病院で検査の必要ありという判断でそのまま救急車で急行。迅速にいくつもの検査がなされた結果、10日ほど前に蚊に刺され掻き壊していたところからばい菌が入ってしまい蜂窩織炎にかかり、発熱し、痙攣を起こしたのだろうとのことだった。
蜂窩織炎、お相撲さんがたまにかかるアレね。日々傷だらけなのにほぼ全裸の無防備な状態で傷口に土を刷り込むような稽古をしてるんだもんね。ばい菌入るよね。って、うちの娘は蚊に刺されただけなんですけどー!
1歳児に抗生剤の点滴ってば不憫、熱がさがって元気になってくるとあとは暇との戦い。
6日目にしてようやく退院、がんばりました!
「おかえり」って何回言っただろう?娘が家にいることがただただ嬉しかった!
・・・と、緊張が解けたせいかちょいと疲れを感じています。
写真は入院中の1コマ。持ってきた絵本を読みつくしてしまい困ったのだが、私の本が意外にも好評だった様子。
IMG_3163


一歩一歩、床とつながる、そんな踊りが好き。
一瞬にして根っこがはえたようなマルカへ、床の奥底で響いてるようなサパテアード。
ずっと以前から、重さを持って大地とつながるイメージを大切にしている。
そして5年前、ヒントがありそうだと感じ大相撲を見始める。
強い人は土俵に足裏が吸い付いてるようにつながっている。
強い人は重さが土俵に伝わり山のように動かない。
他にも、立ち合いのエネルギーの噴出具合や、身体の内側から沸き起こるスピード感のある動きなど、フラメンコと共通する要素はてんこ盛りで観ているだけで勉強になる。
そしてお相撲さんの基本の稽古である四股。
生きるための寝食ならば、大地とつながるための四股。やらない手はない。

フラメンコとお相撲が脳内で体内で融合してしまっているが、大地とつながるというのが共通キーワード。

と、前置きが長くなりましたが、かねてより教室の素敵な名前が欲しいと思っていたのです!
ようやくこれと思えるフレーズが見つかった!
”Con la tierra(大地と)”
いいじゃない!
中谷泉フラメンコ教室はCon la tierraでいきますよ!

↑このページのトップヘ