娘達の上履きに毎度アップリケをほどこしているのだが、自分の上履きにも欲しくなってつけちゃった。
実年齢と精神年齢の乖離がはなはだしい。
IMG_0576
そもそもザ・上履きを履いてる大人も珍しいんだが…。
幼稚園で急にそこいらの子供と相撲!ってなった時にスリッパじゃあれなので、ね。

台風が近づいてきている。窓を閉めてるのにカーテンがそよいでるって何?
今日はエスペランサで踊る予定だったのだけど、JRが20時以降全て運休というニュースを聞いて断念。
集まることができたメンバーとお店のママの急遽の出演でライブは開催されたそうで、さすがエスペランサ!
私に「始発で帰ればいいじゃーーーん」なんて言える勢いがあったら踊れたんだがな。

次のライブは頑張るからっ!!!
10月27日(土)浅草橋のラ バリーカです!
めちゃくちゃ楽しみなメンバーです!
お料理の美味しいお店です!
お席のご予約は中谷までお願いします!
42044838_2186700161570476_1051428541184344064_n

今日は18時まで大相撲を観て、18時からカープ戦を観て、終わったのでブログをかいています。
大相撲は白鵬が全勝優勝、上位陣が揃って結果を残し、三賞該当者なしという珍しい場所。
カープは大瀬良くんが好投、9回裏サヨナラでマジック1。
このように忙しい私ですが、とにかく第一に語りたいのは稀勢の里のこと。
場所前に2ケタの勝ち星を祈っていた私。前半5日目まで土つかず、しかし上位陣がすごく調子のいい中で5人にしか負けられないというのはとても大変だと感じていた。6日目、8日目と負けてしまい、もし勝ち越しできなかったら・・・の恐怖がちらつく。そして9日目の栃ノ心戦、左差し右上手の得意の形になってから投げに耐えながら時間をかけて寄り切って7勝目。私がお相撲とったのかというくらい全身から汗が噴き出してしばらく止まらなかった。勝手に一心同体。10日目の遠藤戦で勝ち越し。ようやく汗を噴き出さずにみられると思ったら、11日目の逸ノ城戦がよくなかった。立ち合いで失敗しそのまま簡単に土俵の外へ。あんなに悔しそうな表情の稀勢の里をはじめてみた。今場所にかけている想いの強さを感じる。胸が痛い。12日目は御嶽海に白星。13日目の白鵬戦は負けたけれどグッときた。良きライバル同士である土俵上の2人が興奮しているのを感じてね。14日目は鶴竜に白星、千秋楽は豪栄道に黒星。終わってみたら10勝5敗!2ケタ勝ちました!!!
長い長い休場の後、横綱として相撲をとることがどれだけ大変なことか!もう胸がいっぱい!末永くファンでいますので、これからもどうぞよろしくお願いします、とか言いたい!!!
IMG_0500
15日間を終えた稀勢の里。素敵でした。
目尻が上がって、口角がさがってるところが好き。
でも一番好きなのは何かを語ってくる背中。
あ、でも本当に一番好きなのはひたむきさと精神力を持ち合わせたハート。

稀勢の里が毎日すごい相撲をみせてくれています。
カープの優勝が刻々と近づいてきています。
月末にライブ出演があるためギアあげて練習しています。
身体も心も24Hフル稼働中!

来ていただける方はご連絡ください♪

IMG_0371

新しい衣装、着ちゃおっかな~。
IMG_0362

昨日は大相撲観戦!
娘達も慣れたもので、11時前に国技館に到着!(お相撲は朝の8時半からはじまってるんですよ~)
今場所は横綱土俵入りのパネルが出ていた!かっこいいねえ!
IMG_0318

お好きなフレームで写真を撮れるコーナーなどあり遊べるのよ。
photo

11時だと客席には本当の相撲好きしかいない。この雰囲気好きよ。宇良くんの取組みが観れました!
IMG_2635

外へ出て昼食、席に戻ってビールやらおやつやら、動きたくなった人は館内一周の旅、眠くなった人は寝る、なんてしてたらあっという間!この世に竜宮城があるならばそれは国技館だと思う。
IMG_0327


そして稀勢の里。
もうね、1週間も前から緊張しちゃって寝不足でね、私がね。
初日の取組み前には心臓が壊れちゃうかと思ったけどね、私のね。
ところが、久しぶりにみる場所中の稀勢の里は精神的に一皮むけたように落ち着いててね、初日は危なげなく寄り切り、2日目の昨日は土俵際まで2度も押し込まれて国技館中がギャーーーーー、しかし稀勢の里はなんとかふんばって最後は突き落としで白星。ちなみに3日目の今日も、がむしゃら→絶体絶命→突き落としで白星。
平常心を失っているファンの前に、ものすごい平常心をみせてくれる稀勢の里がいて、もう泣ける。。。(平常心というのは稀勢の里が大事にしてる言葉ね)

さてさて、大相撲中継に映ってました。
膝の上に乗せた長女に何事かささやき長女が爆笑するという超ほっこりシーンでした。
NHKさん、グッジョブ!
IMG_0342

↑このページのトップヘ